シマリス
 ユーラシア大陸から、東アジア、また北米大陸に生息しています。
 樹上、陸上どちらでも行動し、巣を作る場所も木の穴や地下と様々です。頬袋を持ち、背中と顔の縦縞が特徴です。冬は冬眠し、春になると繁殖します。木に登ったり、狭い場所に入ったりするのが大好きです。雑食性で夏場には虫なども食べますが、木の実や木の芽などが好物です。
バナナリス
 マレー半島周辺に生息しています。ほとんど木の上で生活し、木の実などが主食ですが果物も大好物です。シマリスなどに比べると体は大きいのですが、少し臆病な性質です。
キタリス
 ヨーロッパからアジア北東部に生息し、日本には北海道に「エゾリス」という亜種がいます。ほとんど木の上で生活し、木の実やキノコなどを主食としています。地域によって毛色が変わり、冬になると耳の先に房毛が生えます。冬眠はしませんが、冬になると巣にいる時間が長くなります。

TOP>ミュージアム>リス園
(c) TOY,DOLL&CAR MUSEUM All rights reserved.

●本WEBサイトに記載されている内容 は、予告なく変更する場合があります。
●本WEBサイトは「伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館」が著作権を有しています。
●本WEBサイトの内容の一部、または全部を無断で複製、変更することは法律で禁じられております。
●InternetExplorer5.0以降での閲覧を推奨します。 推奨以外のブラウザでは、一部の機能が正しく動作しない場合があります。